コンサート録音・音声収録

映像プロダクションの弱点は音声や録音であるとよく言われます。アツミケンジは音楽分野から映像に進出したのでその点心配ありません。コンサート録音の専門業者には機材の点で及びませんが必要十分な高音質な録音は可能です。もちろんコンサート専門の録音業者とペアで舞台収録することも可能です。(希望としてはその方がありがたいです)

IMG_0433.jpg

ご案内

IMG_0954.jpg
クラシックの小ホール、またはサロンコンサートでの録音を承ります。大ホールでのコンサートは専門業者にご依頼ください。

12322.tiff
ライブハウスやリハーサルスタジオでのバンドによるマルチトラック録音も可能です。レコーディングスタジオよりもローコストに収録できます。収録後はそのままトラックダウン致します。

IMG_0249.jpg
ロケ現場での音声収録も可能です。ミキサーではなくレコーダーに直接録音もするのでビデオカメラの音声に問題が生じてもバックアップを使うことができます。

IMG_0294.jpg
ナレーションは数多く手がけている案件です。ナレーターや声優の手配とディレクションを行います。収録は提携スタジオで行います。
収録後の加工も行いますので複数のプロダクションに依頼する必要はありません。

001.jpg
ゲームや携帯電話用を始め様々なプログラムに効果音を提供してきました。必要なイメージを伝えていただければシンセサイザーで0から作り出すことも可能です。

P1030880.jpg
ピッチ補正やカラオケのキー変更(上下1音くらいが限界です)ノイズ取り等困った音の処理も可能です、まずはご相談ください。

ページの先頭へ

映像作品における音声(音楽)の役割

映像には音が必要ですが、場合により音の方が重要な事も多々有ります。画面では伝えられないニュアンスや雰囲気は全て音が作り出しているのです。試しに音声を消してテレビを見てみるとよくわかります。
日本の映像制作プロダクションは音声や音楽にほとんど予算をかけないため、欧米の映画やビデオプログラムと圧倒的な力量差がついてしまっています。音声や音楽を得意とする映像プロダクションはその欠点を補ってくれるので実質的には専門のプロダクション2社に依頼したのと同じ作品のクォリティが得られます。